1948年、終戦後に開発された蓄電池式電気自動車

終戦後の1948年、ガソリン入手難の状況下、西日本鉄道では確保しやすい電力に着目し、直流モーターで走行する電気自動車を開発。当時、2Vの鉛電池40個搭載。自動車のエネルギー源として現代のLiイオン2次電池の技術進歩は目覚しい。


電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)の概要、次世代ECOなCAR

次世代の近未来カーと言われる電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッドカーなど複雑で難解なハイブリッドシステムや仕組みと、様々なエコなニュースを解りやすく紹介しています。地球温暖化防止、CO2削減にも貢献するクルマの未来に興味をお持ちの方、当サイトを是非お役立てください。

電気自動車(EV)の概要

当サイト(次世代ECOなCAR)の概要になります。

    

燃料電池車(FCV)の概要

当サイト(次世代ECOなCAR)の概要になります。

プラグインハイブリッド 車(PHEV)の概要

当サイト(次世代ECOなCAR)の概要になります。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 次世代ECOなCAR. All Rights Reserved.